MacにブートローダrEFIndを導入してみる

MacBookでUbuntuを起動するための必需品と言えばrEFInd。

今回はブートローダーrEFIndの導入について説明していきます。

 

ブートローダーとは

ブートローダーとは,PCを起動する際にOSをハードディスクから起動するプログラムのことです。

macを起動すると自動的にOS Xが起動すると思いますが、macにubuntuやwindowsを入れた際にどのOSで起動するかを選択する必要があります。

この、どのOSを起動するかを選択する役割を担っているのがブートローダーです。

 

ブートローダrEFIndの導入

MacではStartup Managerというものがあり、起動直後(電源ボタンを押した直後)にoptionキーを押すことで起動できます。

スタートアップマネージャーを起動すると、以下のように起動するディスクの候補が出てきて、どのOSを起動するか選択できるようになります。

しかし、Startup Managerを起動してもUbuntuのOSは見ることができません。

どうしてこういう仕様となっているのかは分かりませんが、Ubuntu OSが見えない以上Startup ManagerでUbuntuを起動することはできません。

そこで登場するのがブートマネージャー、rEFIndです。

rEFIndを使用することでMacのStartup Managerからは見えなかったUbuntu OSを立ち上げることができます。

 

rEFIndのダウンロード

まずはこちらのサイトからA binary zip fileをクリックしてrEFIndをダウンロードします.

http://www.rodsbooks.com/refind/getting.html

ダウンロードフォルダにrefind-bin-0.10.4というフォルダをダウンロードすることができたと思います.
バージョンは違っているかもしれませんので,各自で読み替えてください.

このフォルダの中にrefind-installという実行ファイルがあるのでそれを実行すればrEFIndをインストールすることができます.

しかし、セキュリティの観点からMacを普通に起動している状態でインストールを実行しようとしてもうまくいきません。

通常起動時に下記コマンドでインストールを実行しようとすると、画像のようなエラーが表示されます。

“Could not set boot device property: 0xe00002bc”
「ブートデバイスのプロパティを設定できませんでした。」だそうです。

これを回避するために、Macをリカバリーモードで起動したのちにインストールを行う必要があります。

 

追記 2018/10/05 : 

2018年10月現在、macOSの最新バージョン、macOS Mojave 10.14が利用できます。
また、rEFIndはこの時点での最新版 rEFInd 0.11.3 が利用できます。

しかし、macOS Mojave 10.14 & rEFInd 0.11.3 の組み合わせでは上記手順でうまく行きませんでした。

rEFIndのバージョンを落として試したところ、
macOS Mojave 10.14 & rEFInd 0.10.4 でうまくインストールできることを確認できました。

 

 

リカバリーモードでの起動

上記のエラーを回避するために,リカバリーモードでrEFIndのインストールを行います。

リカバリーモードでの起動は起動直後(電源ボタンを押した直後)に command + R を押すことで入ることができます。

リカバリーモードでの起動には少し時間がかかるので、しばらく待ちましょう。

 

起動すると、以下のような画面が表示されます。
トップバーのユーティリティを選択し、ターミナルを起動します。

ターミナルでの操作はためらう方もいらっしゃると思いますが、比較的簡単なコマンドですので、安心してください。

 

 

refind-installの実行

このターミナル上で先ほどダウンロードしたrefindのフォルダ内にあるrefind-installという実行ファイルを実行します。

コマンドの先頭にあるドルマークは、ターミナルで実行しますという記号ですので、実際に打ち込むのは
/Volumes~ 以降の文字列になります。

コマンド中の <username> の部分は各自で自分のユーザーネームに置き換えてください。

インストールしますか(YES/NO) ?と聞かれるので、
y をタイプしてエンターキーを押します。

 

“Installation has completed successfully.” 
と表示されて入れば、rEFIndのインストールは成功です。

 

インストールが成功したら、ターミナルを閉じ、一度PCを再起動しましょう。

再起動すると、起動直後に以下のような画面が出てくると思います。

このような画面となれば無事rEFIndのインストールは成功しています。

ちゃんとOS XとUbuntu両方のOSが見えていることが確認できると思います。

これで起動毎にどちらのOSで起動するかを選択できるようになりました。

 

追記
Ubuntuでupdate upgradeをしたタイミング?でrEFIndが起動しなくなり,自動的にUbuntuで起動してしまうようになってしまうことがあるようです.
その時はもう一度Macをリカバリーモードで起動して ./refind-install を実行すればrEFIndが起動できるようになりました.
ubuntuでupgradeをするタイミングは必ず現れると思うので,その度にrEFIndインストールをやり直さなければいけないのは正直面倒ですが,まあよしとしましょう.
どなたか解決策を知っている方がいらっしゃいましたら,教えていただきたいものです.