ubuntu 16.04 インストール時にwi-fiが使えなかった場合の対処法

私がubuntu GNOME 16.04をインストールした際に,wi-fiの接続がうまくいかなかったので,その時の対処法を記事にしてみました.
私の場合ですと,インストール時に何か不具合があったのか,インストール直後からwi-fiのマーク(三角の扇型のマーク)が表示されていませんでした.
設定の項目でも,有線の設定は見つかるのですが無線の設定が見つからず,完全にwi-fiをUbuntuが認識してくれないような状態でした.

ちなみに私は macbook pro (early 2013 retina モデル) を使用しています.
wi-fiカードは BCM4331 です.

wi-fiカードを確認してみる

ちなみにwi-fiカードの確認は Ctrl + Alt + T で端末を起動して,以下のコマンドで確認することができます.
wi-fiカードの型番が判れば,ググったり掲示板で質問したりする際に情報を引き出しやすくなるのではないでしょうか.

 

試したこと その1

firmwase-b43-installerをインストールしてみる.
ubuntuのwi-fiトラブルでググってみると,結構な人ががwi-fiトラブルで悩まされていました.
仲間がたくさんいるようで少し安心しました.
firmware-b43-installerは以下のコマンドでインストールすることができます.

このコマンドを適用すると,なんとかwi-fiに接続することができました.しかし...
wi-fiに接続することはできたものの,一度繋がってはすぐ切れ,また繋がってはすぐ切れ,と頻繁に接続が切れるトラブルが発生していました.

 

 

試したこと その2

bcmwl-kernel-sourceのインストールた.
そこでもう少し色々ググってみると,bcmwl-kernel-sourceというものを発見しました.
以下のコマンドで接続が安定するようになりました.困っている人は上記のコマンドの代わりに以下のコマンドを使用してみるといいかもしれません.

 

 

試したこと その3

さらにさらにググってみたところ,broadcom-sta-dkmsというものを発見.
こっちのコマンドでも行けるみたいです.どっちが良いのだろう...

 

 

結果的に...

上記3つのコマンドをいろいろいじってみた所,
bcmwl-kernel-source
が私の環境では一番接続が安定しました.
それと追加で下記コマンドが有効かもしれません.

私の場合は dnsutils はもともと入っていましたが,traceroute が入っていませんでした.
これに加えて、回線によってはIPv6をオフにすることで接続が安定することがあるかもです.

私の場合は上記方法を試せば安定しましたが,それでもwi-fiに繋がらないという方は...
素直にUbuntuをクリーンインストールする方が良いかもしれませんよ.笑