ubuntuでusbが認識しない時の対処法 exfat

ubuntuを利用していて、usbや外付けハードディスクを挿入した時にデバイスが認識しない。
という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

今回はそのような、ubuntuに外部メディアを挿入したけれども認識しなかった。という時の対処法を紹介していきます。

 

ファイルシステムの種類

usbのファイルシステムにはいくつかの種類があり,ファイルシステムによっては他のOSでは読み込めないものがあります.

ubuntuやmac、windows、androidなど様々な機器で使用するため、私は基本的にはexfatというファイルシステムを使用しています。

代表的なファイルシステムには次のようなものがあります。

FAT32

古くからあるファイルシステム。昔のPCでも使用可能。

Windows、MacでもLinuxでも使える。
ドライブ領域の上限は2TBまで。
1ファイルの容量上限は最大4GB。
圧縮、暗号化機能はない。

exFAT

FAT32の欠点を解消した新しいファイルシステム。

Windows、MacでもLinuxでも使える。
ドライブ領域、1ファイル容量の上限が事実上ない。
圧縮、暗号化機能はない。

NTFS

Windows標準のファイルシステム。

基本的にWindowsで使用する。
Macでは読み取り専用となる。例外的に書き込みができる。

APFS

 Appleが開発したファイルシステム。

基本的にApple製品で使用する。

 

ファイルシステムexFAT

exFAT形式のファイルシステムはMac,Ubuntu,Windowsと幅広いOSで使用できるため、大変便利です。

が、UbuntuではデフォルトでexFATを扱うことはできません

exFATをUbuntuで利用するためには専用のパッケージをインストールする必要があります。

パッケージがインストールされていなかったために、usbが認識されなかった可能性があります。

 

exfat-utilのインストール

ubuntuでexfat形式のusbを認識するため、apt-getでexfat-utilをインストールする必要があります。

コマンドは以下の通りです。

コマンド1行でexfat形式のusbが使えるようになります。

簡単ですね。