deinでvimのプラグインを管理する

さて,今回はvimのプラグイン管理をどうしようかという話です.
vimには優秀なプラグインが数多く存在しているので,いろんなプラグインを試してみたくなります.
以前ふとvimの設定ファイルを見直してみたのですが,プラグインの総数が数十個になっていて焦りました.
そこで,dein.vimというプラグインを導入してみました.

 

 

dein.vimとは

dein.vimとは,プラグインのインストール,アップデートなどを管理してくれるためのプラグインになります.
私は今までNeoBundleというプラグイン管理用のプラグインを使っていましたが,最近になってdein.vimというものに乗り換えました.
dein.vimは爆速だとか.(笑)
プラグインの数が増えてきたけど,プラグインマネージャを使ったことがないという方にはぜひdein.vimをお勧めします.

そもそもNeoBundleとdein.vimの作者は同じで,作者自身がNeoBundleの時代は終わったからdein.vimにしたほうがいいと言っているみたいですね.
そう,dein.vimの作者はvim界では有名な闇の力を持ったshougoさんです.笑

 

 

dein.vimを使うためのサンプルコード

以上のコードを.vimrcの先頭に書き加えるだけで大丈夫です.
このコード,もしdein.vimがインストールされていなかったら自動的にdein.vimをインストールする記述も入っていますので,dein.vimすらgit cloneしてくる必要はありません.

上記のコードはdein.vimによって管理するプラグインをtomlファイル形式で記述する仕様になっています.
~/.vim/dein/というディレクトリ内にあるdein.tomlというファイルを参照し,そこに書かれているプラグインを自動的にgit cloneしてくれる仕様になっています.
このdein.vimというプラグインマネージャは遅延ロードという仕組みを導入しています.
プラグインは普通ですとvimの起動のタイミングと同時に読み込まれます.しかし,使用するプラグインの数があまりにも多すぎると,読み込みに時間がかかってしまう可能性があります.起動に時間がかかっていたら,せっかくの軽さが売りのvimが台無しになってしまいます.
そこで活躍するのが遅延ロードになります.
遅延ロードとはプラグインをvimの起動時には読み込まず,ある一定のタイミング(例えば,インサートモードに入った時)で読み込むことができ,vimの起動時間を短縮することができます.
遅延ロードするプラグインの記述は~/.vim/dein/というディレクトリ内のdein_lazy.tomlというファイルに記述します.
記述の仕方は後に説明しますので,ご安心を.

 

 

インストールディレクトリの変更

上記のコードはこのままコピペしてもらっても大丈夫なのですが,書き換えるとしたらコード中の
<-  ##########
で示したところを書き換えると良いと思います.
deinによってインストールされるプラグインの置き場所や,dein.toml dein_lazy.tomlの場所を変更する方は変更すれば良いと思います.

 

 

tomlファイルの記述

例えば上記にようにdein.tomlに記述するとNERDTreeというフォルダをツリー表示してくれるプラグインが入ります.
簡単ですね.