vimのファイル検索プラグインctrlp.vimの設定

vimのファイル検索用のプラグインctrlpを紹介します.
数あるvimのプラグインの中でも私の特にお気に入りのプラグインの1つです.

 

参考:私が使用している便利なプラグイン一覧
vim とても強力なプラグインたち

 

ctrlp.vimとは?

vimファイル検索用のプラグイン.
シンプルかつ高速にファイルを検索し,開くことができます.
検索には,正規表現や曖昧検索による絞り込みもでき,隠しファイルの検索のオンオフを切り替えることができるなど,色々な機能が備わっていてとても重宝しています.
githubのkien/ctrlp.vimというかリポジトリで開発,管理されています.
現在は ctrlpvim/ctrlp.vim に移行したみたいです.

 

 

カスタマイズ

プラグイン管理にdeinを使用しているため,dein.tomlに以下の設定を記述します,
deinを使用していない方は,hook_add = ”’ ~ ”’ で囲まれた部分を.vimrc等にコピーしてみてください.
特にお勧めの設定は,ファイル名を指定しないでvimを立ち上げた時に自動的にctrlpを起動してくれる設定です.
この設定を使い,さらにキーボードショートカットでvimの起動を割り当てれば一瞬で狙ったファイルをvimで開けるようになります.

 

補足説明

function! CtrlPEnter(), CtrlpLeave()
lightline.vimでステータスラインを表示するために set laststatus=2 のオプションを使用しているのですが,このオプションがCtrlPのバッファでも発動すると見栄えが悪くなってしまいます.(そもそもCtrlPバッファでステータスラインを表示する必要が全くない.)
CtrlPEnter(), CtrlpLeave()という関数を定義してCtrlPを起動したときにはステータスラインの表示をオフに,CtrlPから抜けるタイミングでステータスラインの表示をオンにしています.

function! CtrlPIfEmpty()
ファイル名が空の場合にCtrlPを立ち上げてくれる関数を定義しています.
そしてこの関数をautocmdでvimが起動した時に呼び出しています.
ファイルを指定せずにvimを起動した際に自動的にCtrlPが立ち上がり,高速でファイル検索・開くことができるようになります.

キーマッピングの変更
Ctrl + p というキーマッピングが私の使用しているyankround.vimというプラグインの設定とバッティングしているため,キーマッピングを <C-p> から <Leader>e に変更しています.

 

 

追記

kien/ctrlp.vimのreadmeに以下のような記述がありました.
#This project is unmaintained You should use this fork instead.
このプロジェクトはもうメンテナンスされた無いから,代わりにこっちをつかってね.
だそうです.
現在ではgithubのctrlpvim/ctrlp.vimというリポジトリで管理,維持されているようです.
古いリポジトリのプラグインをお使いの方は早いうちに新しいリポジトリに移行した方が良いかもしれませんね.

 

 

参考:私が使用している便利なプラグイン一覧
vim とても強力なプラグインたち