DTMとオーディオと

HINATABOKKO

DTM Instruments

音楽ファイルタグ情報を付与する方法

更新日:

音楽ファイルにタグ情報を付与する方法について書き記して行きます。

音楽プレイヤーを使って音楽を聞く際に、その曲の歌詞が同時に画面に表示されればとても嬉しいですよね。

今回は、音楽ファイルにそのような曲に関する様々な情報を付け加える方法を紹介したいと思います。

 

音楽ファイルの種類

音楽ファイルにタグ情報を付与する前に、まず音楽ファイルの種類を見て行きましょう。

音楽ファイルには様々な種類のファイルがあり、ファイル形式によっては音質や付与できるタグ情報が異なってきます。音楽ファイルにタグ情報を付与する際には、その用途に合った正しい音楽ファイルに変換してあげることが重要です。

代表的な音楽ファイルの種類は以下のようなものがあります.

mp3 非可逆圧縮
かなりポピュラーな形式。
ID3タグという規格で曲名文字列、アーティスト文字列、アルバム文字列などの情報を埋め込むことができる
wma 非可逆圧縮
"Windows Media Audio" その名の通りMicrosoft独自の規格であり、mp3に比べると汎用性に劣る。
mp3と同様に、曲名文字列、アーティスト文字列、アルバム文字列などのタグ情報を埋め込むことができる
wav 無圧縮
CDに収録される音源は通常このwav形式で保存される。
音質は良いが、無圧縮なためファイル容量が大きくなりやすい。
曲名文字列、アーティスト文字列、アルバム文字列などのタグ情報を埋め込むことができない
flac 可逆圧縮
可逆圧縮なため、音質の劣化なしにファイル容量を減らすことができる。
曲名文字列、アーティスト文字列、アルバム文字列などのタグ情報を埋め込むことができる
近年のハイレゾ配信音源はflacで配信されることが多い。

上記のように、代表的な物でも様々な種類の音楽ファイルがあることがわかると思います。

ファイルには可逆圧縮・非可逆圧縮という区別があり、これがファイルを変換した際の音質に関わってきます。
非可逆圧縮のファイルでは、ファイルを変換する際に情報を欠落させることで容量を節約しています。
そのため、非可逆圧縮のファイルでは容量を小さくすることはできますが、同時に音質を劣化させてしまいます。

そこで、今回は圧縮しても音質を劣化させることのなく、かつアーティスト名やアルバム名といったタグ情報を付与できるflacというファイル形式に変換した上で、タグ情報を付与する方法について記述して行きます。

 

音楽ファイルをflacに変換する

音楽ファイルをflacに変換するために、X Lossless Decoder(通称XLD)というソフトウェアを利用します。
(こちらのソフトウェアはMac OS専用のものとなります。私がMacユーザですので、今回はこちらについて説明して行きます。Windowsユーザの皆さまにはすみません。ググればWindowsでも同様の昨日を有したソフトウェアが見つかると思います。多分。。。)

X Lossless Decoderのリンクを以下に貼っておきます。

X Lossless decoder

ダウンロードが終了したら、dmgをダブルクリックして、インストールを行います。

 

インストールが終了したら、早速起動し、
XLD -> 環境設定 をクリック。

出力フォーマットをFLACに設定します。

 

あとは、XLDのアイコンに音楽ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、勝手にflacファイルに変換してくれます。

 

タグ情報編集ソフトを利用する

先ほどのX Lossless Decoderで作成したflacファイルにアーティスト名や曲名、歌詞などを付与するための専用のソフトウェアを導入します。

私が試した中で使いやすかったのがMusic Tag Editorというソフトウェアです。
こちらのソフトウェアはApp Storeで入手することができます。

このソフトウェア840円(2018/08現在)となっていますが、無料で一部の機能が制限されているLite版があります。

とりあえずお試しでLite版を入手して、使い勝手を確認してみると良いかと思います。

 

App Storeからインストールした後に、起動すると次のような画面が現れます。

 

こちらのウィンドウに先ほど変換したFLACファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルが読み込まれ、タイトルやアーティスト、アルバムアーティスト、歌詞といった情報を入力することができます。

入力完了後は右上の保存マークをクリックすると、ファイルが更新されます。

 

音楽プレーヤに入れ、歌詞付きで音楽を楽しむ

あとは、お手持ちの音楽プレーヤにFLACファイルを入れて、歌詞を見ながら音楽を楽しみましょう。

もちろん、音楽プレーヤがFLACというファイル形式に対応している必要があります。

また、歌詞を表示する機能を有している必要もありますが。

(ちなみに、私はONKYOのDP-X1を使用しています。FLAC再生、歌詞表示機能がついています。)

 

 

以上、音楽ファイルにタグ情報を埋め込む方法についてでした。

-DTM, Instruments

Copyright© HINATABOKKO , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.